現代病とも言えるドライアイの治し方は?

日本では1000万人単位の人がドライアイだといわれています。

 

主な症状は目の乾きや目を動かすとゴロゴロするといったものです。

 

ドライアイの原因がわかればそれに対処できますので、まずなぜドライアイになるのか探ってみましょう。

 

ドライアイの原因

一番単純な原因は空気が乾燥した環境に長くいることです。

 

これで目の水分が奪われてドライアイになる人もいます。

 

また、コンタクトレンズを装着している人も目の表面が乾きやすくなるといわれています。

 

次はPCや携帯端末などの画面の見過ぎや長時間の運転などによるものです。

 

これらによって目のまばたきの回数が減ることで結果的に目が乾燥するようです。

 

他には加齢などによって涙の量が減ることでドライアイになることもあります。

 

すぐに取り組めるドライアイ対策

空気の乾燥した環境にいることでドライアイになっている場合には、目に湿気を与えると改善することがあります。

 

例えば、一定間隔で温タオルのようなもので目を覆って目に潤いを与えるのが効果的だそうです。

 

あるいは加湿器で部屋全体の湿度を上げるのも有効でしょう。

 

コンタクトレンズの装着によるドライアイは、メガネに替えるか市販の目薬をつけるかします。

 

なお、市販の目薬は他の原因によるドライアイにも有効だそうです。

 

PCなどの画面の見過ぎや長時間運転によるドライアイは、一定間隔で目を休めるのが良いでしょう。

 

そして、その時に目のツボを軽くマッサージしたり、目の体操を行うとより効果的だといわれています。

 

ドライアイかどうかを知る方法

ドライアイかどうか詳しく知りたい時には眼科で検査しますとすぐにわかります。

 

一番簡単なのは、涙の量が測れる紙をまぶたに挟んで一定時間後にどの程度濡れるか見てドライアイかどうかを判断するシルマーテストという方法です。

 

ドライアイは涙の量以外に質の悪化によっても起こります。

 

この場合には、涙の質を検査する涙液層破壊時間検査を行います。

 

これらの検査でドライアイだと診断されますと治療にうつりますが、軽い症状の時には点眼薬をつけるだけで良くなることが多いといいます。

 

点眼薬で効果が得られない時には、外科的手術で涙を増やすことも行われます。

 

また、近年ではフラッシュ脱毛に使われる強い光を照射できる機器を使って、目に刺激を与えることで涙を出やすくする方法も開発されているそうです。

 

以上は、直接目に働きかけるドライアイの治し方でした。

 

目に効果のある成分でドライアイを改善

このような方法の他に、間接的ですが食事やサプリメントでドライアイの改善に効果のある成分を摂る方法もあります。

 

サプリ

 

目に良い成分としては、ビタミンAをはじめとするビタミン類があります。

 

これらを多く含む食材には、人参や小松菜などの黄緑色野菜があります。

 

アントシアニンという成分も目に良いそうです。

 

これは、よく知られているブルーベリーなどに含まれています。

 

もうひとつは、これもよく聞くと思いますがオメガ3という油で、涙の質を良くするそうです。

 

これは青魚やえごま油などに多く含まれています。

 

ドライアイの治し方を日常でできることから眼科を受診するところまで簡単にみてみました。

 

これらがドライアイの改善に役立てば幸いです。