ドライアイにいい食べ物

ドライアイの改善を間接的に助けるのが食べ物です。
ここでは、目に良いとされるビタミン類を含む食べ物を主に説明します。

 

多種のビタミン


ビタミンは10種類以上ありますが、
目に関係が深いのはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどです。
ビタミンAは、目の中の角膜や網膜という大切な組織を正常に働くようサポートしています。

 

そしてドライアイとは切っても切れない涙の量や状態を整えることにも必要な栄養素です。
ビタミンAが欠乏しますと、視力が下がってきたり、夜目が効かない夜盲症になるといわれています。
ビタミンAを含む食べ物は動物性から植物性まで沢山あります。

 

動物性のものでは、うなぎが有名ですが比較的入手しやすい牛や豚、鳥のレバーにも多く含まれています。
そしてバターなどの加工された乳製品や卵の黄身というような身近な食べ物にも含まれています。
植物性の食べ物には簡単に手に入れやすい、にんじんやほうれん草、かぼちゃ、ブロッコリー、小松菜などがあります。

 

ビタミンB群

 

たくさんあるビタミンB群の中で目に関係しているのは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12などがあります。
ビタミンB1とB12は視神経の働きに深く関わっているそうで、視力低下防止の役に立ちます。
これらが多く含まれている食べ物は、うなぎや豚肉、落花生やシイタケ、ゴマなどです。

 

ビタミンB2とB6は目の疲労回復や目の充血、炎症の改善に効果があります。
特にビタミンB2は目の表面にある角膜や瞳孔が正常に働くために欠かせない栄養素です。
ビタミンB2が含まれる食べ物は、うなぎや豚レバー、卵、チーズのような動物性のものからわかめ、海苔、シイタケのような植物性のものまであります。
ビタミンB6は鮭やまぐろのような魚類と牛乳、そして玄米や大豆にも多く含まれます。

 

ビタミンS、E

 

以上のビタミンAとビタミンB群が目の働きに大きな影響を与える栄養素ですが、ビタミンCやビタミンEも目と関わりがあります。
ビタミンCは疲労回復や白内障の予防に効果があるそうです。
ビタミンEは血行を促進する効果があります。

 

血行不順がドライアイの原因の1つとされていることを考えますとビタミンEも重要な栄養素でしょう。
ビタミンCを含む食べ物は、レモンやみかんなどの柑橘類、いちご、ブロッコリーなどです。

 

なお、ビタミンCは多少摂取し過ぎても速やかに排出されますので、Lアスコルビン酸の入っているサプリメントを摂取しても良いでしょう。
ビタミンEは、動物性ではうなぎやあんこう、植物性ではアーモンドやオリーブオイルに多く含まれています。

 

この他には目が良くなることで知られているブルーベリーがあります。
これに含まれているアントシアニンという栄養素が視力回復に作用するといわれています。

 

ドライアイの改善に有用な食べ物を栄養素別に見てきましたが、比較的手に入れやすいものでは、レバーや黄緑色野菜があります。