ドライアイにおすすめの目薬

ここでは、市販の目薬について説明しますが、眼科医で処方されるドライアイ用の目薬に入っている成分には、市販の目薬では使えないものもあります。
そのため最終的には眼科医で処方してもらうことになるでしょう。

 

ドライアイは目の乾きや異物感などを感じたり、目が疲れやすいなどの症状が特徴です。
こんな症状を改善するのに市販のドライアイ用目薬をつけるのが手っ取り早いでしょう。

防腐剤はないほうがいい?

 

ところで、市販の目薬は、使用出来る期間を長くするために、いいかえますと細菌などの繁殖を防ぐために防腐剤入りのものがたくさんあります。

 

たまに目薬を使うだけでしたら防腐剤もあまり害になりませんが、長い間使い続けますと目の表面の角膜を傷めることがあるそうです。

 

それにコンタクトレンズをしたまま防腐剤入の目薬をしますと、レンズに防腐剤が付着したりして、それで角膜を傷めることもあるといわれています。

 

こんな理由から、使用期限は短くなりますが防腐剤の入っていない目薬をおすすめします。

 

涙の成分

水滴
ドライアイは涙の量が少なくなることや涙の質が落ちることから発症するそうです。
現在のところ人の涙と同じ成分のものを人工的に作れませんので、ドライアイ用の目薬では人口涙液という人の涙に近い性質を持つものが使われています。

 

この人口涙液の主成分は塩化ナトリウム(塩)や塩化カリウムですから、目薬の成分表をみて、これらの成分が入っているものを選ぶと良いでしょう。
いずれしても人口涙液がキーワードです。

 

なお、眼科医での治療の中には、患者本人の体の一部からその人の涙と同じ涙液を作る方法もあるそうです。

 

ヒアルロン酸配合

 

ヒアルロン酸といいますと関節痛の治療や美容関連でよく出てくる成分ですが、ドライアイ用の目薬にも使われています。

 

何故なら、ヒアルロン酸の持つ高い保水効果と角膜が傷ついた時の修復力があるからです。
ドライアイ用目薬の成分の人口涙液は、そのままでは蒸発しやすいですから、ヒアルロン酸の保水力によって長い間目の表面を潤すことができます。

 

また、ドライアイの人の目の表面は傷がつくことが多いですから、これを治す効果もヒアルロン酸には期待されるわけです。

 

なお、目薬の成分表ではヒアルロン酸ナトリウムと表示されているようですから、これが含まれている目薬を選びましょう。

 

充血していたら……

 

ドライアイでは目が赤くなることもあります。
この赤目に効果があるのが血管収縮剤というもので、血液の流れを抑制します。

 

ただし、ドライアイの場合には血流が悪くなると症状が悪化するそうですから、この血管収縮剤の入っていない目薬を選ぶことです。

 

血管収縮剤としては、塩酸テトラヒドロゾリンや塩酸ナファゾリンなどがあります。
これも目薬の成分表で確認できます。

 

 

ドライアイ用の市販の目薬を購入する時に注意したい事柄をまとめてみました。
なお、防腐剤の入っていない目薬を使う時には、早めに使い切りませんと細菌が繁殖して感染症になることもあり得ることを一言付け加えさせて頂きます。