ドライアイにおすすめのコンタクトは?

コンタクトレンズにはハードとソフトの2種類あります。
また、洗浄消毒を繰り返して長期的に使うタイプと使い捨てのタイプに分けることもできます。
ドライアイには、どんなコンタクトレンズがおすすめなのか見てみましょう。

 

ハードコンタクトレンズ

 

ハードコンタクトレンズは硬いプラスチックで作られています。
そのため異物感がソフトコンタクトレンズよりあることや外れやすいなどの欠点があります。
一方で目に障害が起こった時に早い段階で痛みを感じますので、
重い障害(角膜障害)になりにくいことや乱視の矯正に優れているという利点もあります。

 

また、今のハードコンタクトレンズは酸素の透過性に優れているタイプがほとんどで、撥油性のある汚れのつきにくいタイプもあります。
ハードコンタクトレンズは、角膜とレンズの間にある涙が蒸発しにくい性質があります。
それから、上記のように酸素の透過性が良くて角膜から離れやすいのでドライアイになりにくいといわれています。

 

ソフトコンタクトレンズ

 

ソフトコンタクトレンズは、装着感がハードコンタクトレンズより良いので愛用している人も多いそうです。
ただ、目に障害がでた時に気が付きにくいため重傷になることもあるといわれていますし、
乱視矯正がハードコンタクトレンズより劣ることや汚れやすく耐久性もハードより劣ります。

 

また、ソフトコンタクトレンズは水分をレンズの中に取り込めますので、装着したまま目薬をつけると危険な場合もあったりします。
一般的には、ソフトコンタクトレンズを装着している人の方がドライアイになりやすいともいわれています。

 

コンタクトレンズには、長期的に使えるタイプと使い捨てがあります。
使い捨てにも1日、1週間、2週間、あるいは月単位等いろいろあります。
ドライアイになりにくいコンタクトレンズとしては、使い捨ての方が良いといわれています。
それも1日で捨ててしまうタイプがおすすめだそうです。
ここまででドライアイになりにくいコンタクトレンズをおすすめするのでしたら、1日使い捨てのハードコンタクトレンズでしょう。

 

 

コンタクトレンズは日々進化をとげています。
ソフトコンタクトレンズの中に生体模倣技術によって作られているタイプがあります。
これは、角膜を模倣して作られているため、装着感に優れていることやレンズ内に水分を保持する能力も高いそうです。
このタイプのソフトコンタクトレンズで1日使い捨ての製品があります。

 

先程は使い捨てのハードコンタクトレンズをおすすめしましたが、上記のような特殊な技術を使った保水性の高い使い捨てソフトコンタクトレンズでしたら、ドライアイになりにくいといわれています。

 

なお、ここでは使い捨てタイプを推奨しましたが、長期使用できるタイプでもきちんと洗浄消毒をするのでしたら問題ないでしょう。
逆に使い捨てタイプを使用日数を守らないで使う方が危険です。

 

コンタクトレンズを作る時には、眼科医を受診してからにすると安心できます。
また、定期的に目の検査をすることもおすすめします。